TOEIC試験の難しさとその対策法

わたしが初めてTOEICの試験にチャレンジしたのは覚えている限りでは、18歳の頃だったように記憶しています。小学生の高学年の頃に外国人講師の方の存在とテレビで見たNBAのあるスタープレーヤーに憧れを抱き始めました。そして中学高校へ上がるにつれその気持ちは増大していき、英語に関する関心も高まっていきました。中学では英検3級を取得し、高校では準二級まで撮りました。高校生の時にはまだTOEIC試験の存在を知らされてはいたものの、受けるまでには至りませんでした。高校を卒業し、英語系の専門学校の授業の一環で校内TOEIC試験が定期的にあり、そこで初めて受験しました。試験の難しさも痛感しました。まず感じたことは、おそらく初めて受験した多くの方が感じるところですが、全く時間が足りないということです。これを克服するには各パートにさける時間を事細かに分析し、単語力をつけ、普段からエイジ新聞屋エイジで書かれた広告などに目を慣らしておくことが効果的です。

友人のTOEIC戦術

TOEICのスコアと言えば、ビジネスシーンにおいて、どれだけ有用な英語を使えるかという一つの指標です。義務教育で何年も習い続けた英語ですが、だからといって、使えるかどうかとなると、話は別です。やはりきちんとした形で試験があり、一定の評価が付くというのは、とても便利ですし、英語を使う機会があるなら、TOEICのスコアは持っておきたいものの一つです。ただ、望む結果を手に入れることは、そう簡単には行かないため、しっかりと計画を立て準備をしていくことが大切だと、友人から学びました。というのも、帰国子女でもなく、英語が得意だったわけでも、学生時代の成績が良かったわけでもない友人が、短期間で結果を出したからです。いつまでという期限を設け、試験の形式に慣れることに最も重きを置き、逆算の要領で試験までの計画を細かに立て実行したことが、高いスコア獲得に繋がったと言います。TOEICで望む結果を得るためには、友人のようにしっかりとした戦術をたてることが一番の近道です。

TOEICは2016年から新しくなる

資格試験は常に同じ形式ではありません。一定期間ごとに形式が見直されたり資格そのものが見直されたりすることがあります。大きく変わるときはその名称が変化することもあります。以前の制度のレベルと比較して難易度などが決められることもあります。TOEICと言いますと英語力を測定する資格試験として知られています。合否ではなくスコアで表示されるのですべての人にそれぞれスコアが表示されます。こちらの試験はこれまでも変化がありましたが2016年に新たな方法に変わるとされます。試験そのものが大きく変わる、内容が大きく変わるわけではありません。問題の構成などが多少変化します。ただ高得点を取ろうと対策をするなら新しい形式を意識して対策をした方が良いでしょう。どこでどれくらい点数を取るのが良いなどがあります。学校などでは新しい対策で勉強ができます。