TOEICの平均スコアはどれくらいかを知る

試験を受けるときはできるだけ高得点を狙うでしょう。日本の試験では100点満点で100点が最高得点、0点が最低得点になるように設定されることがあります。資格試験などでは合格点が設けられています。100点のうち60点や70点で合格になることがあります。TOEICはスコアで表せる試験です。ですから合格点はありません。最高得点は990点です。この得点を目指すことになります。英語力が高い人、それなりに対策をしている人なら990点を取る人もいます。英語初心者が取ろうとするとかなり勉強しないといけないでしょう。平均的なスコアを知っていると一つの基準にすることができます。大体500点から600点の間ぐらいとされています。初めてなら500点を一つの目標にするとよいかもしれません。英語力とすると600点ぐらいが求められることが多くなります。

TOEICの出題シーンはビジネスシーン

入学試験に英語が課されるのは高校の入試からです。大学入試でも英語は重要な試験として知られています。出題の時に使われる英文は様々です。物語などが使われることもあれば理系の学校であればちょっとした論文のような文章が使われることがあります。TOEICの試験ではどんなシーンを想定した英語が出題されるかです。主にビジネスシーン、日常生活を題材にしたものが多いとされています。英語のコミュニケーション能力を測定するための試験ですから物語などは直接的にはあまり関係ないかもしれません。ビジネスなどで日ごろからコミュニケーションを取る人にとっては非常に重要な試験といえます。日常的なシーンも出てきますから旅行などのために英語力をつけたい人にとってもぴったりです。使うことができる英語が出題されるので、勉強して実際に使うことができます。

TOEICはリスニングとリーディングの試験

英語では重要なポイントがいくつかあります。学校で習うこととしては読むことでしょう。英語の文章の意味を理解するための勉強を行います。その後自分で英文を作る英作文をすることがあります。長らく会話の勉強はあまり行われていませんでした。近年はリスニング、ヒアリングが重要視されています。ネイティブを講師に迎えて本物の英語を実際に聞いて勉強する学校が増えています。センター試験ではリスニング試験が導入されています。リスニングとリーディングが試験の中心になっています。TOEIC試験もリスニングとリーディングで試験が実施されます。問題のウェイトはどちらも同じで100問ずつ出題されます。時間はリスニングが45分ぐらい、リーディングが75分ぐらいで回答することになっています。大学入試に比べるとリスニングのウエイトが高くなるといえます。